交通事故弁護サイト

後遺障害について

- 外貌醜状の後遺障害(傷痕,火傷痕,手術痕,欠損など)

Residual Disability

外貌醜状の後遺障害(傷痕,火傷痕,手術痕,欠損など)

醜状障害とは

醜状障害とは,事故の後,一定のケロルド性瘢痕,火傷痕,線状痕(傷痕,手術痕含む)などが残った状態です。
外貌醜状の「外貌」とは,頭部,顔面部,頸部のように,上肢下肢以外の日常露出する部分を指します。しかし,背部(背中)など日常露出しない部分についても,その程度によって,醜状障害の後遺障害等級認定がなされます。

損害賠償項目

残存するのが醜状のみである場合に,特にそのことで争点となりやすい損害項目(法的相場よりも低額な提示がされやすい損害項目等)としては,例えば,次のようなものがあります。

  • 治療関係費(治療期間,症状固定時期,形成手術治療費等)
  • 休業損害
  • 逸失利益
  • 慰謝料(入通院慰謝料,後遺障害慰謝料)
  • その他

外貌醜状及び上下肢醜状の後遺障害等級

人目につく状態の傷痕(=頭髪や眉毛等で隠れない傷痕等)について,判断されます。

障害の程度 後遺障害等級
醜状障害 外貌に著しい醜状を残すもの 7級
外貌に相当程度の醜状を残すもの 9級
外貌に醜状を残すもの 12級
上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの 14級
下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの 14級

「著しい醜状」

「著しい醜状」とは,次のような場合とされています。

  • 頭部の手のひら大(指の部分以外)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
  • 顔面部の鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
  • 頸部の手のひら大以上の瘢痕

「相当程度の醜状」

「相当程度の醜状」とは,原則として顔面部の長さ5㎝以上の線状痕とされています。

「醜状」

単なる「醜状」とは,次のような場合とされています。

  • 頭部の鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
  • 顔面部の10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3㎝以上の線状痕
  • 頸部の鶏卵大面以上の瘢痕

鼻の欠損

鼻軟骨部の全部または大部分の欠損について,「鼻を欠損しその機能に著しい障害を残すもの」として欠損・機能障害9級と定められていますが,「外貌に著しい醜状を残すもの」として外貌醜状7級に該当するものとされ,当該上位等級である7級の認定となります。
また,一部欠損である場合に,外貌における醜状の程度に該当するものは12級となります。

耳介の欠損

耳介の1/2以上の欠損について,「1耳の耳かく(耳介)の大部分を欠損したもの」として欠損障害12級と定められていますが,「外貌に著しい醜状を残すもの」として外貌醜状7級に該当するものとされ,当該上位等級である7級の認定となります。
また,一部欠損である場合に,外貌における醜状の程度に該当するものは12級となります。

その他の醜状障害

上記の,外貌醜状の後遺障害等級の所定基準表には記載ありませんが,次の醜状について,12級または14級の後遺障害等級認定がなされる場合などがあります。

(12級)

  • 両上肢または両下肢の露出面の1/2程度以上の醜状
  • 胸部または腹部の各々の全域の醜状
  • 背部および臀部の全面積の1/2程度以上の醜状
  • その他

(14級)

  • 上腕または大腿のほぼ全域の醜状
  • 胸部または腹部の各々の全域の1/2程度の醜状
  • 背部および臀部の全面積の1/4程度以上の醜状
  • その他