交通事故被害者専門サイト

後遺障害について

- 外貌醜状の後遺障害(傷痕,火傷痕,手術痕,欠損など)

Residual Disability

外貌醜状の後遺障害(傷痕,火傷痕,手術痕,欠損など)

醜状障害とは

醜状障害とは,事故の後,一定のケロルド性瘢痕,火傷痕,線状痕(傷痕,手術痕含む)などが残った状態です。
外貌醜状の「外貌」とは,頭部,顔面部,頸部のように,上肢下肢以外の日常露出する部分を指します。しかし,背部(背中)など日常露出しない部分についても,その程度によって,醜状障害の後遺障害等級認定がなされます。

損害賠償項目

残存するのが醜状のみである場合に,特にそのことで争点となりやすい損害項目(法的相場よりも低額な提示がされやすい損害項目等)としては,例えば,次のようなものがあります。

  • 治療関係費(治療期間,症状固定時期,形成手術治療費等)
  • 休業損害
  • 逸失利益
  • 慰謝料(入通院慰謝料,後遺障害慰謝料)
  • その他

外貌醜状及び上下肢醜状の後遺障害等級

人目につく状態の傷痕(=頭髪や眉毛等で隠れない傷痕等)について,判断されます。

障害の程度 後遺障害等級
醜状障害 外貌に著しい醜状を残すもの 7級
外貌に相当程度の醜状を残すもの 9級
外貌に醜状を残すもの 12級
上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの 14級
下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの 14級

「著しい醜状」

「著しい醜状」とは,次のような場合とされています。

  • 頭部の手のひら大(指の部分以外)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
  • 顔面部の鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
  • 頸部の手のひら大以上の瘢痕

「相当程度の醜状」

「相当程度の醜状」とは,原則として顔面部の長さ5㎝以上の線状痕とされています。

「醜状」

単なる「醜状」とは,次のような場合とされています。

  • 頭部の鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
  • 顔面部の10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3㎝以上の線状痕
  • 頸部の鶏卵大面以上の瘢痕

鼻の欠損

鼻軟骨部の全部または大部分の欠損について,「鼻を欠損しその機能に著しい障害を残すもの」として欠損・機能障害9級と定められていますが,「外貌に著しい醜状を残すもの」として外貌醜状7級に該当するものとされ,当該上位等級である7級の認定となります。
また,一部欠損である場合に,外貌における醜状の程度に該当するものは12級となります。

耳介の欠損

耳介の1/2以上の欠損について,「1耳の耳かく(耳介)の大部分を欠損したもの」として欠損障害12級と定められていますが,「外貌に著しい醜状を残すもの」として外貌醜状7級に該当するものとされ,当該上位等級である7級の認定となります。
また,一部欠損である場合に,外貌における醜状の程度に該当するものは12級となります。

その他の醜状障害

上記の,外貌醜状の後遺障害等級の所定基準表には記載ありませんが,次の醜状について,12級または14級の後遺障害等級認定がなされる場合などがあります。

(12級)

  • 両上肢または両下肢の露出面の1/2程度以上の醜状
  • 胸部または腹部の各々の全域の醜状
  • 背部および臀部の全面積の1/2程度以上の醜状
  • その他

(14級)

  • 上腕または大腿のほぼ全域の醜状
  • 胸部または腹部の各々の全域の1/2程度の醜状
  • 背部および臀部の全面積の1/4程度以上の醜状
  • その他

桑原法律事務所の
交通事故弁護が選ばれる理由

Reason

Reason.1
Reason.1

Reason .1

交通事故の実績多数!/高額賠償の獲得実績あり

当事務所は、交通事故について豊富な経験と実績があります。
また、重篤案件の取扱数や高額賠償などの実績も多数あり、これまでに培ってきた知見を活かし、高度な交通事故案件への対応も可能です。

解決事例はこちら arrow

Reason.2
Reason.2

Reason .2

交通事故のご相談は無料です

交通事故については、無料相談(初回30分)をお受けしております。
提示された賠償額が妥当なのか等についても、弁護士が無料で診断いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Reason.3
Reason.3

Reason .3

着手金実質無料 / 完全成功報酬制

凄惨な事故でお怪我を負った被害者救済のため、弁護士費用特約がない人身事故被害者の方については、初期費用なく完全成功報酬制にてご依頼をお受けしております。

Reason.4
Reason.4

Reason .4

交通事故の専門研鑽チーム

当事務所は、所内に交通事故の専門研鑽チームを設立し、最新の交通事故案件に関する判例や、専門的知識が求められる事案の研鑽に努めています。
医療知識を備えた交通事故専門研鑽チームが、様々な視点から事案を分析し、依頼者様をサポートいたします。

Reason.5
Reason.5

Reason .5

専任の「弁護士+スタッフ」チームがサポート

当事務所では、専任の「弁護士+スタッフ」からなるチーム制を導入しています。
弁護士との話は難しそう…自分の希望をきちんと伝えられるだろうか…と不安な方でも、ご安心ください。依頼者様の専任スタッフが、依頼者様と弁護士とのやり取りにおいても、しっかりとサポートいたします。
また、お急ぎの質問やお問い合わせの際に、弁護士が不在であっても、専任スタッフが速やかに対応し、弁護士との橋渡しをいたします。

Reason.6
Reason.6

Reason .6

粘り強い立証活動

当事務所では、後遺障害の等級認定が難しい症状の場合でも、粘り強い立証活動による等級獲得の実績がございます。最後まで依頼者様の利益の最大化に向け、尽力いたします。

Reason.7
Reason.7

Reason .7

治療中からサポートを行います

当事務所では、治療中の医療機関との関わり方や、適切な治療の受け方、生活についてのアドバイスを行っております。

 

後遺障害についてのご相談は、弁護士法人桑原法律事務所へ

最初にご相談いただくときから
問題が解決するまで、
依頼者様の高い満足度をお約束します。

そのために、私たちは、
専門性(強さ)× 接遇・対応力(優しさ)の
両面を高める努力をしています。

依頼者満足度94.3% 相談対応実績1万4千件以上