交通事故被害者専門サイト

後遺障害について

- 胸腹部の後遺障害

Residual Disability

胸腹部の後遺障害

胸腹部臓器

胸腹部臓器は,次のように分類できます。

  • 呼吸器(肺機能)
  • 循環器(心機能)
  • 腹部臓器(消化吸収排便機能:食道,胃,腸,肝臓,胆のう,膵臓[すいぞう],脾臓[ひぞう]等)
  • 泌尿器(畜尿排尿機能:腎臓,膀胱等)
  • 生殖器(生殖機能)

胸腹部臓器の後遺障害等級

障害の程度 後遺障害等級
機能障害 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,常に介護を要するもの 1級
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,随時介護を要するもの 2級
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの 3級
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 5級
胸腹部臓器の機能に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの 7級
両側の睾丸を失ったもの 7級
胸腹部臓器の機能に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 9級
生殖器に著しい障害を残すもの 9級
胸腹部臓器の機能に障害を残し,労務の遂行に相当な程度の支障があるもの 11級
胸腹部臓器の機能に障害を残すもの 13級

※複数の臓器に障害がある場合には,介護の程度や労務の支障の程度を総合的に判断して,後遺障害等級認定がなされます。

胸腹部臓器の後遺障害と損害賠償

臓器によっては,ただちに労働能力とは関係しないとして,例えば,逸失利益の賠償がなされない,または賠償金額が制限されている,などというケースがあります。
臓器機能,職種などによるものですので,専門家に相談することをおすすめします。