交通事故被害者専門サイト

後遺障害について

Application

後遺障害等級認定の申請の流れ

自賠責保険会社

一般に、後遺障害等級認定の申請を受けるのは、自賠責保険会社です。
申請を受けた自賠責保険会社は、損害保険料率算出機構という機関に調査委託し、損害保険料率算出機構の自賠責調査事務所・調査センターによる調査及び意見をもらった上で、後遺障害等級認定の決定をします。
原則として書面審査となります(例外:醜状障害など)。
申請から決定が出るまでの期間は、数か月(1~3か月)程度であることが多いです。

申請の方法は、大きく次の2つがあります。

被害者請求

被害者側が、資料を揃えて、自賠責保険会社に認定の申請をする方法です。

事前認定

任意加入保険会社が、自賠責保険会社に後遺障害等級認定の申請をする方法です。

ADR機関、裁判所

自賠責保険会社の認定結果に不服がある場合等において、自賠責保険会社に異議申立てを行う方法もありますが、自賠責保険会社以外に判断を仰ぎたい場合、法的に後遺障害を判断することのできる機関への申立としては、裁判外紛争解決機関(ADR機関)への申立、裁判所への訴訟提起等が存在します。

後遺障害等級認定についてのご相談は、弁護士法人桑原法律事務所へ

最初にご相談いただくときから
問題が解決するまで、
依頼者様の高い満足度をお約束します。

そのために、私たちは、
専門性(強さ)× 接遇・対応力(優しさ)の
両面を高める努力をしています。

依頼者満足度94.3% 相談対応実績1万4千件以上

死亡事故について