交通事故被害者専門サイト

後遺障害について

- 手・腕(手指,手首,肘部)の後遺障害

Residual Disability

手・腕(手指,手首,肘部)の後遺障害

手(手指,手首,肘,肩)の後遺障害

以下では,切断,靭帯断裂,骨折等の後の上肢の欠損や関節可動域制限,手指の欠損や関節可動域制限などといった,手(腕)の身体的機能に関する後遺障害を記載します。
傷痕など,いわゆる醜状と呼ばれている後遺障害については,こちらのページ(外貌醜状の後遺障害(傷痕,火傷痕,手術痕,欠損など))をご覧ください。
疼痛等については,神経系統の障害として,別途判断されます。

可動域制限の後遺障害等級認定の基準に関して

機能障害については,①患側(負傷した側)の可動域と②健側(負傷していない側)の可動域とを比較した場合に(両下肢負傷の際には健常人の可動域と比較した場合に),次の基準値があります。

  • 硬直状態である場合などが「用を廃したもの」
  • 1/2以下に可動域が制限されているのが「関節の機能に著しい障害を残すもの」
  • 3/4以下に可動域が制限されているのが「関節の機能に障害を残すもの」

関節可動域の測定について,それぞれ異なる方法によって測定する医師もいますが,後遺障害等級認定の審査のためには,基本的に,日本整形外科学会および日本リハビリテーション医学会により決定された「関節可動域表示ならびに測定法」に準拠して定められた「関節可動域の測定要領」に基づいて行ってもらう必要があります。

上肢の後遺障害等級

肩関節,肘関節,手首の関節を,上肢の「3大関節」と言います。

障害の程度 後遺障害等級
欠損障害 両上肢をひじ関節以上で失ったもの 1級
両上肢を手関節以上で失ったもの 2級
1上肢をひじ関節以上で失ったもの 4級
1上肢を手関節以上で失ったもの 5級
障害 両上肢の用を全廃したもの 1級
1上肢の用を全廃したもの 5級
1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの 6級
1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 8級
1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの 10級
1上肢の3第関節中の1関節の機能に障害を残すもの 12級
変形障害 上肢に偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの 7級
1上肢に偽関節を残すもの 8級
長官骨に変形を残すもの 12級

上肢の後遺障害等級

以下の「母指」はいわゆる親指,「示指」は人差し指,「中指」は中指,「環指」は薬指,「小指」は小指のことを指します。

障害の程度 後遺障害等級
欠損障害 両手の手指の全部を失ったもの 3級
1手の5の手指又は母指を含み4の手指を失ったもの 6級
1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指を失ったもの 7級
1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を失ったもの 8級
1手の母指又は母指以外の2の手指を失ったもの 9級
1手の示指,中指又は環指を失ったもの 11級
1手の小指を失ったもの 12級
1手の母指の指骨の一部を失ったもの 13級
1手の母指以外の手指の指骨の一部を失ったもの 14級
機能障害 両手の手指の全部の用を廃したもの 4級
1手の5の手指又は母指を含み4の手指の用を廃したもの 7級
1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指の用を廃したもの 8級
1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を廃したもの 9級
1手の母指又は母指以外の2の手指の用を廃したもの 10級
1手の示指,中指又は環指の用を廃したもの 12級
1手の小指の用を廃したもの 13級
1手の母指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの 14級

桑原法律事務所の
交通事故弁護が選ばれる理由

Reason

Reason.1
Reason.1

Reason .1

交通事故の実績多数!/高額賠償の獲得実績あり

当事務所は、交通事故について豊富な経験と実績があります。
また、重篤案件の取扱数や高額賠償などの実績も多数あり、これまでに培ってきた知見を活かし、高度な交通事故案件への対応も可能です。

解決事例はこちら arrow

Reason.2
Reason.2

Reason .2

交通事故のご相談は無料です

交通事故については、無料相談(初回30分)をお受けしております。
提示された賠償額が妥当なのか等についても、弁護士が無料で診断いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Reason.3
Reason.3

Reason .3

着手金実質無料 / 完全成功報酬制

凄惨な事故でお怪我を負った被害者救済のため、弁護士費用特約がない人身事故被害者の方については、初期費用なく完全成功報酬制にてご依頼をお受けしております。

Reason.4
Reason.4

Reason .4

交通事故の専門研鑽チーム

当事務所は、所内に交通事故の専門研鑽チームを設立し、最新の交通事故案件に関する判例や、専門的知識が求められる事案の研鑽に努めています。
医療知識を備えた交通事故専門研鑽チームが、様々な視点から事案を分析し、依頼者様をサポートいたします。

Reason.5
Reason.5

Reason .5

専任の「弁護士+スタッフ」チームがサポート

当事務所では、専任の「弁護士+スタッフ」からなるチーム制を導入しています。
弁護士との話は難しそう…自分の希望をきちんと伝えられるだろうか…と不安な方でも、ご安心ください。依頼者様の専任スタッフが、依頼者様と弁護士とのやり取りにおいても、しっかりとサポートいたします。
また、お急ぎの質問やお問い合わせの際に、弁護士が不在であっても、専任スタッフが速やかに対応し、弁護士との橋渡しをいたします。

Reason.6
Reason.6

Reason .6

粘り強い立証活動

当事務所では、後遺障害の等級認定が難しい症状の場合でも、粘り強い立証活動による等級獲得の実績がございます。最後まで依頼者様の利益の最大化に向け、尽力いたします。

Reason.7
Reason.7

Reason .7

治療中からサポートを行います

当事務所では、治療中の医療機関との関わり方や、適切な治療の受け方、生活についてのアドバイスを行っております。

 

後遺障害についてのご相談は、弁護士法人桑原法律事務所へ

最初にご相談いただくときから
問題が解決するまで、
依頼者様の高い満足度をお約束します。

そのために、私たちは、
専門性(強さ)× 接遇・対応力(優しさ)の
両面を高める努力をしています。

依頼者満足度94.3% 相談対応実績1万4千件以上