交通事故被害者専門サイト

弁護士コラム

Column

交通事故

2021/10/29

後遺障害支払基準(自賠責・裁判)

この記事では、自賠責の支払基準(逸失利益・後遺障害慰謝料)と裁判基準(後遺障害慰謝料)について解説いたします。

1 逸失利益の計算式

逸失利益は、次の計算式で算定されます。

逸失利益 = 基礎収入額 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

 

2 後遺障害慰謝料

下表をご参照下さい。

後遺障害等級 自賠責支払限度額 自賠責基準 後遺障害慰謝料 裁判基準 後遺障害慰謝料 労働能力喪失率
要介護1級 4000万円 1600万円 2800万円 100%
要介護2級 3000万円 1163万円 2370万円 100%
1級 3000万円 1100万円 2800万円 100%
2級 2590万円 958万円 2370万円 100%
3級 2219万円 829万円 1990万円 100%
4級 1889万円 712万円 1670万円 92%
5級 1574万円 599万円 1400万円 79%
6級 1296万円 498万円 1180万円 67%
7級 1051万円 409万円 1000万円 56%
8級 819万円 324万円 830万円 45%
9級 616万円 245万円 690万円 35%
10級 461万円 187万円 550万円 27%
11級 331万円 135万円 420万円 20%
12級 224万円 93万円 290万円 14%
13級 139万円 57万円 180万円 9%
14級 75万円 32万円 110万円 5%

 

3 損害賠償額についての留意点

裁判基準における損害賠償額は、具体的事情に応じて増減するものであり、上記はあくまでも目安となります。

裁判では、例えば、家事労働従事者に後遺障害等級7級の外貌醜状の後遺障害が残った場合、労働能力への影響はないなどとして逸失利益を否定される一方で、その精神的苦痛は甚大だとして慰謝料が増額されるなど、個々の具体的事情に応じた判断となります。

 

交通事故の損害賠償についてのご相談は弁護士法人桑原法律事務所へ

どのような事情が法的に損害賠償額に影響するかは、交通事故にくわしい弁護士に相談されることをお薦めします。当事務所は、交通事故問題について豊富な実績がございます。当事務所では、交通事故のご相談は無料相談(初回30分)を承っておりますので、お気軽にご相談ください。