交通事故被害者専門サイト

解決実績

Case study

交通事故

【後遺障害等級14級9号】むちうちによる約300万円の賠償事例(兼業主婦の被害者のケース)

女性の依頼者様

症状・受傷部位: むちうち(外傷性頚部症候群)
事案の種類: 後遺障害
手続き(解決方法): 後遺障害等級認定申請(被害者請求)、示談交渉
後遺障害等級: 14級9号
獲得額: 約300万円(自賠責保険金約75万円を除く)

相談までの経緯

追突事故にあった兼業主婦の被害者の方が、当事務所にご紹介を介して相談に来られ、ご依頼を受けました。

弁護士の活動

交通事故によって怪我を負った被害者の方が、およそ5か月余りの治療(症状固定)の後、当事務所にて後遺障害等級申請(被害者請求)を行いました。

後遺障害等級認定の後、損害を算出して資料を整え、相手方任意保険会社との交渉を開始しました。

被害者の方は、幼い子らも多かったことで、仕事の傍ら、事故による家事業務への支障も多大であったため、相手方任意保険会社に対し、家事従事者として損害賠償の請求をし、詳細な支障の内容を伝え、交渉を重ねました。

結果

被害者請求の結果として、後遺障害等級14級9号の後遺障害と認定され、相手方の自賠責保険より、75万円の賠償を受けました。
また、相手方任意保険会社との交渉を重ねた結果、「既払金を除き別途300万円を支払う」との内容で示談が成立しました。

《内訳》
・治療費     (省略)
・休業損害    約90万円
・入通院慰謝料  約90万円(裁判基準[赤本基準]100%)
・逸失利益    約80万円(労働能力喪失期間・喪失率5年5%)
・後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準[赤本基準]100%)
・その他交通費等 数万円