交通事故被害者専門サイト

解決実績

Case study

交通事故

【後遺障害等級1級1号】約2億5200万円の賠償事例(約1億6600万円の増額・当初提示額の約4.5倍)

男性の依頼者様

症状・受傷部位: 頸椎損傷・四肢麻痺
事案の種類: 後遺障害
手続き(解決方法): 後遺障害等級認定申請(被害者請求)、示談交渉、訴訟
後遺障害等級: 1級1号
提示額: 約4600万円
獲得額: 約2億1200万円(自賠責保険金4000万円を除く)

相談までの経緯

追突事故に遭った被害者の方が、頸椎損傷等の怪我を負った後遺障害として両手足が動かなくなり、当事務所にご紹介を介して相談に来られました。

弁護士の活動

まずは自宅改築(バリアフリー)のための助成金申請、介護必要品の調達、身体障害者手帳の申請など,関係機関やご家族の皆様と連絡を密に取りながらサポートを行い、症状固定となった後、後遺障害等級認定の申請(被害者請求)をしました。被害者請求の結果、四肢麻痺等にて後遺障害等級1級1号の認定がされ、自賠責保険金として4000万円を受け取ることができました。

その後、残る損害賠償金について相手方に請求し、交渉をしました。相手方にも弁護士が就き、その示談金として「既払金を除いて約4600万円を支払う」という提案がされましたが、提示額が低額に過ぎると判断し、訴訟提起に踏み切りました。

結果

被害者請求後、後遺障害等級1級1号の認定により4000万円の補償を受けました。

また、訴訟提起後、裁判所にて人身損害総額が約2億8300万円と認定され、別途、既払金を除き約2億1200万円の支払いを受けました。
裁判後の解決額は、相手側弁護士からの提示額である4600万円の約4.5倍(約1億6600万円の増額)となりました。